墓地を選ぶポイントをご紹介!

このサイトでは、墓地の購入の流れや、税金に関することなど、一般的に疑問を持たれやすいポイントを解説しているサイトです。
これまでお墓を購入したことのない人にとってはわからないことだらけですので、これを参考にすれば疑問点が解消されて便利です。
また、お墓の掃除の仕方や、申込に必要なことなど、マナーや手続きなど幅広く情報を載せているため、墓地に関することでわからないことがあれば見ておくことで解消できます。

墓地を受け継ぐ際に税金はかかる?

墓地を受け継ぐ際に税金はかかる? 被相続人が死亡すれば、被相続人に属した財産は相続人に承継されます。その際には、相続税がかかります。
そのため、墓地を受け継ぐ際にも税金がかかるのではないかと思う方がいるかもしれませんが、その場合には税金はかかりません。
これは、墓地は非課税財産とされているからです。
したがって、お墓の相続について何か財産的に気にしなければならないことは有りません。これを活用して、被相続人が死亡前にお墓を購入して置けば、被相続人の財産を承継したのちにお墓を購入する場合に比べて相続税の節約につながります。
生前に墓地を購入することは縁起が悪いという考えもあれば、縁起が良いとされている場合もあります。
これは、地域の観衆ごとに異なります。

墓地の購入は非課税?

墓地の購入は非課税? 墓地の購入は、完全に非課税というわけではありません。
永代使用料については課税はされませんが、墓石の購入費用や設置費用などについては消費税がかかります。
また、管理料についても税制上は課税対象となっているため、消費税は取られることとなります。
消費税はたびたび増税がなされますが、増税される前に購入したほうが税金を安く済ませることが可能となります。
墓石工事契約は請負契約であるため、費用は引き渡し時に支払うことになります。つまり、消費税については引き渡し時の税率が適用されることとなります。
したがって、消費税増税のタイミングを見て、早めに注文を出しておいた方が良いことになります。
大体注文から墓石が完成するまでには3か月ほどかかりますので、これを想定して購入するタイミングを考えましょう。現在は8パーセントの税率ですが、すでに10パーセントへの増税が決定されています。したがって、これを意識しておきましょう。
墓地の相続については、相続税はかかりません。そのため、相続に関しては非課税ということになります。
生前に墓石を購入してそれを相続させるという形を取れば、あとで相続人が墓石を購入する場合に比べて節税をすることができます。

墓に関するお役立ちリンク

屋外従来型墓地のサイト

大阪の墓地